MENU
tankalife
短歌に興味を持ち始めて10年ほどになります。短歌の世界は実に魅力的です。短歌の奥深さをもっともっと知って発信していきたいです。

メールの歌 #1

メールの短歌

朝起きて「おやすみなさい」のメール見てそれに応える日本語がない
工藤吉生『世界で一番すばらしい俺』

工藤吉生の第一歌集世界で一番すばらしい俺(2020年)に収められた一首です。

メールも電話もコミュニケーションをとる手段という共通点がありますが、メールは電話と大きく異なる点があります。それは、コミュニケーションをとるのに同じ時間を共有する必要がないという点です。

電話であれば同じ時間帯に話をするわけですが、メールは必ずしもリアルタイムでやり取りする必要はありません。

送信されたメールは、受け手側が開封して初めてコミュニケーションが成立するといってもいいでしょう。

掲出歌ですが、夜に送られた「おやすみなさい」という文面のメールを朝に見たという場面です。

送信した相手は寝る前だから「おやすみなさい」と送っているのですが、受け手のこちら側がそれを寝る前に受け取らなかった場合、「おやすみなさい」という言葉は本来の機能を果たせないでしょう。

朝に見た「おやすみなさい」に対して、確かに「応える日本語がない」というのもうなずけます。

寝る前用の挨拶が、時間がずれて朝に受け手に渡るというのは、メールならではです。電話ではこうはいきません。

メールというコミュニケーションツールの特徴を、ユーモアたっぷりに示してみせたところに魅力を感じる一首です。

ベッド
ベッド
¥1,650 (2022/09/24 19:53時点 | Amazon調べ)

♪ みなさまの応援が励みになります ♪


俳句・短歌ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次