MENU
tankalife
短歌に興味を持ち始めて10年ほどになります。短歌の世界は実に魅力的です。短歌の奥深さをもっともっと知って発信していきたいです。

パンの歌 #2

パンの短歌

手に持ったパンが腕より長いこと抱きしめてはくれないのだパンは
鈴木晴香『心がめあて』

鈴木晴香の第二歌集心がめあて(2021年)に収められた一首です。

腕より長いパンといえば、どんなパンを想像するでしょうか。

真っ先に思い浮かんだのがバゲットです。フランス語で「杖」を意味するバゲットですが、バゲットと呼ばれるのは長さ70~80cmのフランスパンとされているようです。

バゲットをもって帰るとき、腕に抱えるかたちを想像します。

つまり、主体はパンを抱いている格好となりますが、パンの側は主体を抱きしめてくれないのです。下句「抱きしめてはくれないのだパンは」にはどことなく寂しさが漂います。

「抱きしめては」の「は」の挿入、「のだ」という言い回し、また「パンは」を最後にもってきた倒置法といった部分が特にそのような感情を感じさせる要素となっているように思います。

腕からはみ出たパンは、パンとしてそこに存在するだけで、何も答えてくれませんし、ましてや抱きしめてもくれないのです。

誰かに、あるいは何かに抱きしめてほしいと思いながらも、「腕より長い」パンを抱えて帰るしかない状況が切なく感じられる一首です。

バゲット
バゲット

♪ みなさまの応援が励みになります ♪


俳句・短歌ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次