MENU
tankalife
短歌に興味を持ち始めて10年ほどになります。短歌の世界は実に魅力的です。短歌の奥深さをもっともっと知って発信していきたいです。

短歌クイズ Q.37

短歌クイズ
問題 – Question

〈たんぽぽの河原を胸にうつしとりしずかなる夜の自室をひらく〉という巻頭歌で始まる、内山晶太の第一歌集は何?

答えを表示する
解答 – Answer

 『窓、その他』

解説

『窓、その他』は2012年(平成24年)に出版された、内山晶太の第一歌集です。二十代半ばから十年間の357首を収録しています。歌集のタイトルにある通り、窓を詠んだ歌が多く見られます。

対象を見る眼は優しくも寂しくもあり、何ともいえず心の奥底に触れてくるような歌の数々。繰り返し何度も読みたくなる一冊です。

第57回現代歌人協会賞受賞。

『窓、その他』より五首

通過電車の窓のはやさに人格のながれ溶けあうながき窓みゆ

さみしさも寒さも指にあつまれば菊をほぐして椿をほぐす

いっぴきの蛾の全力であらわれてお寿司のうえをはばたき渡る

空中をしずみてゆけるさくらばなひいふうみいよいつ無に還る

ショートケーキを箸もて食し生誕というささやかなエラーを祝う

¥1,760 (2022/12/26 21:58時点 | Amazon調べ)

♪ みなさまの応援が励みになります ♪


俳句・短歌ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次