MENU
tankalife
短歌に興味を持ち始めて10年ほどになります。短歌の世界は実に魅力的です。短歌の奥深さをもっともっと知って発信していきたいです。

短歌クイズ Q.262

短歌クイズ
問題 – Question

雲が立ったり、山にかかったり、消えたりする様子から「立つ」「絶ゆ」に、また「立つ」と同音を含む地名「龍田」に掛かる枕詞は何?

 A. あをくもの

 B. やくもたつ

 C. しらくもの

 D. あまくもの

答えを表示する
解答 – Answer

 C. しらくもの

解説

しらくもの(白雲の)は、雲が立ったり、山にかかったり、消えたりする様子から「立つ」「絶ゆ」に掛かる枕詞です。また「立つ」と同音を含む地名「龍田」にも掛かります。

「しらくもの」を詠んだ歌

白雲しらくもの 龍田たつたの山の たきの 小桉をぐらみねに 咲きををる… (高橋虫麻呂『万葉集』巻九・一七四七)

白雲の絶えにしいもあぜせろと心に乗りて許多ここばかなしけ (『万葉集』巻十四・三五一七)

白雲
白雲

♪ みなさまの応援が励みになります ♪


俳句・短歌ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次