MENU
tankalife
短歌に興味を持ち始めて10年ほどになります。短歌の世界は実に魅力的です。短歌の奥深さをもっともっと知って発信していきたいです。

短歌クイズ Q.248

短歌クイズ
問題 – Question

空のむこうに遠く離れている意から、「ひな」「向かふ」などに掛かる枕詞は何?

 A. あまざかる

 B. あまごろも

 C. あきつしま

 D. あかねさす

答えを表示する
解答 – Answer

 A. あまざかる

解説

あまざかる(天離る)は、空のむこうに遠く離れている意から「ひな」「向かふ」に掛かる枕詞です。「あまさかる」ともされます。

ひなとは、都から遠く離れた所、いなかを意味する言葉です。

「あまざかる」を詠んだ歌

天離あまざかる ひなにはあれど 石走いはばしる 淡海あふみの国の 楽浪ささなみの… (柿本人麻呂『万葉集』巻一・二九)

天離あまざかひな長道ながぢゆ恋ひれば明石のより大和島やまとしま見ゆ (柿本人麻呂『万葉集』巻三・二五五)

明石の海
明石の海

♪ みなさまの応援が励みになります ♪


俳句・短歌ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次