MENU
tankalife
短歌に興味を持ち始めて10年ほどになります。短歌の世界は実に魅力的です。短歌の奥深さをもっともっと知って発信していきたいです。

メールの歌 #5

メールの短歌

今日は寒かったまったく秋でした メールしようとおもってやめる する
永井祐『日本の中でたのしく暮らす』

永井祐の第一歌集日本の中でたのしく暮らす(2012年)に収められた一首です。

季節は秋。しかも「まったく秋」というほどの、秋中の秋だったのでしょう。

メールをしようと思って、メールを送る行動に移ろうとするのですが、気が変わってやめてしまいます。しかしここでは終わらず、やっぱりメールを送信したのです。

「やめる」の後の一字空け、そしてたった二文字の「する」といういいきりの言葉。ここがこの一首の最大のポイントだと思います。

ここに、メールを送信しようかどうかという迷い、また決断の過程が、時系列を伴ってとてもリアルに伝わってきます。「やめる」の後に逆説の接続詞などを用いず、一字空けを置いたこと、そして結果だけを最小限の文字数で表す「する」という言葉によって、これらの効果がもたらされていると思います。

「やめる する」のところは何度読んでも、主体の気持ちの変化を感じることができ、とても惹かれる一首です。

スマホでメール
スマホでメール
¥1,430 (2022/03/21 10:42時点 | Amazon調べ)

♪ みなさまの応援が励みになります ♪


俳句・短歌ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次