MENU
tankalife
短歌に興味を持ち始めて10年ほどになります。短歌の世界は実に魅力的です。短歌の奥深さをもっともっと知って発信していきたいです。

手品の歌 #8

手品の短歌

大いなる球を何度もかくすレバノンの手品に飽きてしまう
髙瀬 一誌『火ダルマ』

髙瀬一誌の第四歌集火ダルマ(2002年)に収められた一首です。

中東の国レバノンの手品を詠った一首です。

ボールを隠す手品といえば、世界最古のマジックともいわれる「カップアンドボール」が浮かびます。これはひとつまたは複数のカップと、いくつかのボールを使って、カップからボールが消えたり現れたりするさまを見せる手品です。

掲出歌は、ボールを何度も隠す手品のようですが、カップアンドボールかはどうかはわかりません。「大いなる球」と詠われているため、あるいは大きなボールを隠す特有の手品なのかもしれません。

この歌のポイントは、ボールを隠すことを何度も繰り返す手品であり、その手品に飽きてしまったというところでしょう。

手品というものは、「驚き」と切っても切り離せない芸だと思います。観客にとって初見ではとても驚いた現象が、それが何度も繰り返されることで新鮮味を失くし、だんだんと驚きがなくなってしまうということは充分に考えられます。

この歌に登場する手品も、手品師の能力が足りなかったのか、どうも主体を飽きさせてしまったようです。手品において「繰り返す」という行為は、巧く使えば驚きを増幅させることができますが、使い方を誤ると驚きを減少させてしまうことにつながります。

結句の「飽きてしまう」という収め方が、本当に「飽きてしまった」感覚をとてもよく表していて、このレバノンの手品を知らない読み手にも「飽きてしまった」感が大変よく伝わってくる一首だと感じます。

カップアンドボール
カップアンドボール
¥3,630 (2022/10/29 22:22時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

♪ みなさまの応援が励みになります ♪


俳句・短歌ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次