MENU
tankalife
短歌に興味を持ち始めて10年ほどになります。短歌の世界は実に魅力的です。短歌の奥深さをもっともっと知って発信していきたいです。

チョコレートの歌 #2

チョコレートの短歌

くちばしを開けてチョコボールを食べる 机をすべってゆく日のひかり
永井祐『日本の中でたのしく暮らす』

永井祐の第一歌集日本の中でたのしく暮らす(2012年)に収められた一首です。

森永製菓のチョコボールの開け口は「くちばし」と呼ばれています。黄色い「くちばし」には金のエンゼル、銀のエンゼルが描かれていることがあり、金なら1枚、銀なら5枚集めると、おもちゃのカンヅメがもらえます。

1965年に発売されて以来、子どもから大人まで人気のベストセラー商品です。

さて掲出歌は、そんなチョコボールを食べる場面の、本当に何気ない日常を詠っています。

チョコボールはくちばしを開けて食べるのが普通の食べ方なので、くちばしについていわなくてもわかるのですが、あえて「くちばしを開けて」と表現しているのです。

あえて字数をかけて表現することで、チョコボールを食べる行為により焦点が集約されていくように感じます。

また「日のひかり」が「机をすべってゆく」光景もとても穏やかです。チョコボールはスーパーマーケットで買えるお菓子です。高級チョコレートではありませんが、この歌の場合、かえってそれがいいのでしょう。

チョコボールを食べるという小さな幸福感が存分に感じられる一首です。

チョコボール
チョコボール
¥1,430 (2022/03/21 10:42時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

♪ みなさまの応援が励みになります ♪


俳句・短歌ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次