自転車の歌 #4

当ページのリンクには広告が含まれています。
自転車の短歌

自転車に乗ってるオレと目が合ってボール蹴るのをやめた少年
工藤吉生『世界で一番すばらしい俺』

工藤吉生の第一歌集世界で一番すばらしい俺(2020年)に収められた一首です。

少年がボールを蹴るのをやめたのはたまたまかもしれませんが、「自転車に乗ってるオレと目が合って」というタイミングで蹴ることをやめたのは間違いなさそうです。

「オレ」にとっては、なぜ目が合った直後にボールを蹴るのをやめたのだと疑問が湧いてきます。ひょっとして「オレ」にボールを蹴るのをやめさせる、あるいはやめざるを得ない何か異様なものが伝わったのではないかなどと考えてしまうでしょう。そう思うと、目が合ったときの少年の顔が浮かんでくるようです。

出来事というのは、どこかしらそれが起こった原因や理由を求めてしまうものです。少年がボールを蹴るのをやめたことと、目が合ったことは直接関係がなかったのかもしれません。

しかし、この歌においてはタイミングがあまりにもあまりです。

目が合った直後に蹴るのをやめた少年の立ち尽くす様子と、「オレ」のなぜやめるんだという思いが、いつまでも二人の空間に残り続けるようであり、時間が停止してしまったかのような感じがとてもよく表れた一首だと感じます。

ボール・少年
ボールをもつ少年
¥1,650 (2022/09/24 19:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

♪ みなさまの応援が励みになります ♪


俳句・短歌ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次